保育園、幼稚園、小中学校での残留塩素測定
保育園、幼稚園、小中学校では環境衛生の検査として水道水(飲料水)、給食(厨房)、プール水を測定します。特にプールは夏場にかけ、日本全国で残留塩素の測定が行われます。

残留塩素を測定する重要性とは?
私たちが口にする水道水や飲料水、体を浸けるプールの水は衛生管理のために塩素消毒されています。塩素は適切な濃度管理が必要なため、

  • 日本の水道法では、「給水栓における水が、遊離残留塩素を0.1mg/L以上保持するように塩素消毒をすること」
  • 遊泳用プールの衛生基準では、「遊離残留塩素濃度は、0.4mg/L以上であること。また、1.0mg/L以下であることが望ましい」とされています。

目視検査を行っている方へ、こういったことありませんか?
色の濃さを目視で判断するタイプを使用されている方で、
「色の微妙な違いを判別しづらい」
「光の具合や天気などにより判断が難しい」
「人によって読み取り値の違いや差が出る」
「感覚で読み取ることがある」
など困ったことや曖昧さを感じることはありませんか?

衛生管理の重要性が求められる中、園や学校でも信頼性が高く、誰が測定しても安心のデジタル測定器のニーズは高まっています。

初めての方でも安心の残留塩素チェッカー HI 701
HI 701は、世界初!小型で安価なデジタルチェッカーシリーズの1つで、水中の遊離塩素の濃度を測定します。

  • デジタル表示ですので、周囲の明るさや人による読み取り値の差は一切ありません!
  • ボタン1つの簡単操作で、測定値を「ぱっ」と表示。どなたでも安心です!
  • 測定には国で定められたDPD法を用い、信頼性も保障!

小型安価ながら信頼性の高い残留塩素チェッカーは使い方も簡単!


イーハンナ店長のご紹介
名前:山田光哉
出身:群馬県
趣味:マラソン、テニス、真鯛釣り
次なる目標:
大鯛とブリを釣り上げる
フルマラソンで4時間を切る


ハンナ インスツルメンツ・ジャパン株式会社
〒261-0023
千葉県千葉市美浜区中瀬1-6
エム・ベイポイント幕張14F-EN
TEL:043-216-2601
FAX:043-216-2602
staff@e-hanna.info
営業時間9:00〜17:00
(土日祝日を除く)