炭化水素と溶剤用デジタルガラスpH電極 HI 10430

¥51,700 税込

【主な用途】

ワイン、ビール、水、廃水、土壌に含まれるアンモニア、アンモニウム測定

イオン電極(ISE電極)シリーズでアンモニアを測定するための専用電極です。

517 ポイント獲得
商品コード: HI10430 カテゴリー:

説明

digital electrode

マイクロチップ内蔵

内蔵のマイクロチップには、センサーの種類、シリアル番号、および日付、時刻、オフセット、勾配、電極の状態、使用された標準液などの校正情報が保存されます。この情報は、電極が差し込まれると、edgeによって自動的に取得されます。情報を転送する機能により、再校正することなく電極のホットスワップが可能になります。

すべてのpH測定は電極内で実行され、測定器にデジタル転送されます。これにより、従来の高インピーダンスのアナログ測定システムに関連するノイズの問題が解決されます。電気ノイズは、内蔵の温度センサーから、および湿度の高い環境での作業中に発生する可能性があります。
 
spherical-tip

球面ガラスチップ

球状の先端設計により、測定サンプルとの接触面積が広くなります。これにより、より高度な安定性を備えたより高速な電極応答が可能になります。HI 10430のガラスセンシングチップは、約400メガオームの抵抗を持つハンナの高温(HT)ガラス配合を使用しています。高インピーダンスにより、HI 10430は積極的な化学アプリケーションや高温アプリケーションに最適です。従来のガラス配合は、高温ガラスと比較して、高温での寿命が大幅に短くなるという問題があります。
 
spherical-tip

トリプルセラミックジャンクション

トリプルセラミックジャンクションにより、参照セルから溶液への電解液の流量を増やすことができます。標準的なpH電極は、1時間あたり15~20µLの電解液を流すことができる単一のセラミックジャンクションを使用します。HI 10430には3つのセラミックジャンクションがあり、1時間あたり40~50µLの電解液が流れます。この高い流速により、電極の応答が速くなり、粘性溶液や導電率の低いサンプルでより安定した測定が可能になります。
 
open junction

ダブルジャンクションリファレンス

ダブルジャンクション電極には、リファレンスワイヤを囲む内部コンパートメントがあります。銀イオンは、Ag/AgClリファレンスワイヤを収容する内部コンパートメントの電解質に存在します。このコンパートメントの外側の電解液には銀が含まれていません。ダブルジャンクション設計により、電極からの銀がサンプルに入ることがありません。この設計により、サンプル中の銀イオンが望ましくないアプリケーションや、接合部に銀の沈殿物が形成されやすいアプリケーションでの測定が可能になります。
 
glass-body

ガラス電極

ガラス電極本体は耐薬品性に優れているため、幅広い用途に適しています。ガラス電極は、多くの非水溶媒やその他の化学物質と互換性があります。ガラスは、紫外線などのさまざまな形態の放射線にも耐性があります。
 
 


仕様
測定範囲:pH:0〜13
リファレンスセルタイプ:ダブル
ジャンクションタイプ/流量:セラミック、トリプル/40-50μL/h
補充電解液:3.5M KCl
本体材質:ガラス
チップ/形状: 球状 (dia: 9.5 mm)
適合ピン:なし
最大圧力圧力: 0.1 bar
温度動作範囲:-5~100°C
本体の長さ/全長: 120 mm / 175.5 mm
温度センサー: あり
外径: 12 mm
ケーブル:同軸; 1 m
コネクタータイプ:3.5mmコネクター
アンプ: なし
推奨用途:炭化水素、低導電率標準液、塗料、海水、溶剤、強酸・強塩基、トリス標準液