土壌ダイレクト測定用pH電極 HI 12923

¥45,100 税込

HI 99121D専用の交換用土壌ダイレクトpH/℃電極です。

451 ポイント獲得
商品コード: HI12923 カテゴリー:

説明

ハンナインスツルメンツは、さまざまな用途向けに設計された多種多様なpH電極を提供しています。pHの検出に使用されるガラスの種類、バルブの形状、本体の材質、ジャンクションの種類、基準の種類、使用される電解質など多くの事項を考慮し設計されています。

HI 12923は、低温(LT)ガラス、円錐形バルブ、ガラスボディ、トリプルセラミックジャンクションを使用し、3.5MKCl+AgClで再充填可能です。

 
低温ガラス配合
ガラスチップは特殊なLTガラス配合を採用し、抵抗値が約100メガオームの汎用(GP)に比べて抵抗値が約50メガオームと低くなっています。低温のサンプルではガラスの温度が低下するため、LTガラスの抵抗は周囲温度でのGPガラスの抵抗に近づきます。GPガラスを使用すると、抵抗がpH測定器の高インピーダンス入力の最適な抵抗を超えて増加します。HI 1292Dは、-5~70oCを測定するサンプルでの使用に適しています。
 

コニックバルブ

円錐形の先端設計により、固体、半固体、およびエマルジョンへの浸透が可能になります。HI 12923は、土壌および土壌スラリーのpHを直接測定するのに最適です。
 

ガラスボディ

HI 12923のガラスは、多くの過酷な化学薬品に耐性があり、簡単に掃除できます。また、ガラス製の本体により、内部基準電解液への熱の高速伝達が可能になります。基準セルによって生成されるmVは温度に依存します。平衡が速いほど、基準電位は安定します。
 
トリプルセラミックジャンクション
トリプルセラミックジャンクションにより、参照セルから測定サンプルへの電解液の流量を増やすことができます。典型的なpH電極には、流量が15~20µL/時の単一のセラミック接合部があります。HI 12923には、サンプルと接触する3つのセラミックジャンクションがあり、40~50µL/時の流量を提供します。流量が増加すると、基準電極と指示電極の間の連続性が高まります。
 

詰め替え可能

HI 12923は詰め替え可能な電極です。これはシングルジャンクションpH電極であるため、内部液はHI 7071 3.5MKCl+AgClです。再充填可能なpH電極を使用する場合は、校正と測定の前に充填キャップを取り外す必要があります。キャップを取り外すと、参照セルに正の水頭圧が発生し、外部ジャンクションを通過する電解液の流量が増加します。流速が高いほど、読み取りが速く安定します。
 

DINコネクタ

HI 12923にはクイックコネクトDINコネクタがあり、HI 99121DポータブルpH/温度計と一緒に使用して土壌の直接pH測定を行うことができます。
 


仕様
測定範囲:pH 0~12
リファレンスセルタイプ: シングル、Ag/AgCl
ジャンクションタイプ/流量:セラミック、トリプル/40-50μL/h
補充電解質:3.5M KCl + AgCl
本体材質:ガラス
チップ/形状: 円錐形(12 x 12 mm)
マッチングピン:なし
最大圧力圧力: 0.1 bar
温度動作範囲:-5~70℃
本体長さ/全長: 120 mm / 175.5 mm
温度センサー: あり
外径: 12 mm
ケーブル:7極; 1 m
コネクタータイプ: クイックコネクトDINコネクター
アンプ: あり
推奨用途:土壌pHの直接測定、土壌サンプル、土壌溶液