鉛/硫酸塩コンビネーションイオン選択電極(ISE) HI 4112

¥242,000 税込

【主な用途】
メッキ槽などに含まれる鉛イオン

イオン電極(ISE電極)シリーズで鉛イオンを測定するための専用電極です。

2,420 ポイント獲得
商品コード: HI4112 カテゴリー:

説明

HI 4112鉛/硫酸塩選択電極は、硝酸カリウム電解質を含むPEIプラスチックボディ内に収容された銀/塩化銀(Ag/AgCl)リファレンスを含む完全な電位差測定セルです。内部要素は、圧縮されたリードによってサンプルから分離されています。硫化物感知膜。

ハンナのソリッドステートコンビネーションISEは、円錐型ジャンクションで設計されています。センサーのスカート付きコーン形状は、ジャンクションコーンの先端でテスト液との液体ジャンクションを形成し、非常に安定した基準電位と溶液への一貫した電解液流量を生成します。ISEの上部を押すだけで、電解質内部液を簡単に空にし、必要に応じて交換できます。

HI 4112が鉛を正確に測定するには、鉛イオン強度調整剤(ISA)溶液を使用して、標準とサンプルのイオン強度を高く一定の値に調整することが重要です。ISAは活量係数が一定であることを保証するため、遊離鉛イオンの濃度を測定できます。一定のイオン強度ですべての溶液を測定すると、測定間の誤差範囲が減少します。HI 4112鉛/硫酸塩固体ISEは、1µM(0.21mg/L)から0.1M(20,700mg/L)まで測定できます。

HI 4112は、硫酸塩の沈殿滴定の進行状況を追跡し、終点を検出するためのインジケーターとしても使用できます。滴定中、鉛/硫酸塩ISEは鉛濃度に従い、過塩素酸鉛溶液を使用してサンプルを滴定します。滴定溶液中の鉛は、サンプル中に存在する硫酸イオンと反応して沈殿物を形成します。すべての鉛イオンと硫酸イオンが反応すると、mVの変化が生じて終点が示され、最終的には硫酸塩濃度が示されます。

Pb2+の換算表

換算係数

mol/L(M)からppm(mg/L)

2.072×105

ppm(mg/L)からM(モル/L)

4.826×10-6

機能の概要

固定センシングモジュール-コンビネーションソリッドステートISEは、溶液中の遊離イオンを検出する電極です。不溶性の圧縮されたセンシングペレットは、使いやすいように固定センシングモジュールによって電極に取り付けられています。

耐久性のあるPEIボディ-電極のボディは、耐久性のあるポリエーテルイミド(PEI)プラスチックで構成されています。

BNC接続-HI 4112にはユニバーサルBNCコネクタがあり、メスBNC電極入力を備えた卓上型測定器に簡単に接続できます。

動作原理
固体センサー電極は、溶液と無機膜の間で発生するイオン交換により電圧を発生します。サンプル中の膜材料の溶解度が非常に限られているため、平衡が発生します。溶液のイオン強度がISAの添加によって固定されている場合、電圧は溶液中の遊離イオンの濃度に比例します。


仕様
説明: コンビネーション電極
測定範囲: 鉛(Pb2+) 0.1M ~ 1-10-6M, 20,700 ~ 0.21mg/L(ppm) 測定範囲: 鉛(Pb2+) 0.1M ~ 0.21mg/L(ppm
温度範囲:0~80 °C
本体材質:PEI
最適な範囲:pH 4~7
本体長さ/全長:120 mm
外径: 12 mm
ケーブル:同軸; 1 m
コネクタタイプ:BNC
備考:おおよそのスロープ +27 mV